まき 絶対に逝ってはイケないオナニー

「取り敢えず電マでオナニーをしてください」との指示に従って電マオナニーをしていたまきちゃん。カメラが回っていないことに不思議を感じていたが、そこへ監督が入ってきて逝ってはイケないことを伝えられる。逝きそうになると「逝ってはダメ」。電マを止めると「電源を入れてください」と。地味に逝ってしまおうとするが、監督の方が一枚上手!コンセントを抜き強引に止めてしまう。だんだん気が○ったように気持ちいいのか何だかが分からなくなってくるまきっちゃん。

まき がに股立ちオナ

逝き方が大迫力なまきちゃん。全身網タイツを着て立ちオナニー。涎を垂らしながらクリトリスを激しく擦りあげる。がに股で立っている膝をガクガクと震わせながら何度も逝ってしまう。ひたすらクリに指を押し当てて、押しつける指に潰れたクリトリスがグリグリと蠢く。2本の指でクリを挟み扱きまくる。何度も絶頂を迎えても終わらないまきちゃんの激しい逝きまくりオナニー。

まき 自画撮りローション掻き出しオナニー

むっちりかわいいまきちゃん。今回はリクエストにお応えして、ローション掻き出しオナニー。自画撮りで挑戦。パンティを取り、おまんこは既にローションんまみれなまきちゃん。指を挿入するとたぷたぷと出てくる。そのねばねばを泡立てる様に擦ったり、指を挿入していく。普段よりもヌルヌルな自分のおまんこに快感が抑えられないまきちゃん。ビクビクと何度も奥深く気持ちよくなっていく。何度も膣奥にグっと指を挿入し、ヌルヌルを楽しむ。滴るローションを何度もすくい上げては・・・。

まき ピロトーク

布団に入りうつ伏せでこちらを向き、優しく語りかけてくれるまきちゃん。布団の中ではノーパンで足を広げている。おまんこをじっと見つめているあなたの事を想像しながら呟く。「じっくり見過ぎ…」とちょっと恥ずかしそう。「広げて欲しいの…?」とお腹側から手を回して2本指でくぱぁ。黒いビラビラの中は綺麗なピンク色。指でもそもそとクリトリスをを触り気持ち良くなっていく…

まき 指ズボ

指に唾を付けておまんこに挿入。膣派のまきちゃん。最初はゆっくりと出し入れ。クチュクチュと音をさせながらその指は次第に速くなっていく。膣内を掻き回すように指を動かす。十分潤った膣口。さらに指を1本追加し2本指で膣内を大きく掻き回していく。クチュクチュとした音とシンクロしてまきちゃんの吐息も激しくなっていく。カメラ位置、角度を変えてまきちゃんの膣に入る指をどアップ。

まき バーチャルクンニ

人気アプリゲームのコスプレがちょっと勝ち気でよく似合っているまきちゃん。クンニをされるのが大好きなようでこちらに向けておまんこをつきだしていく。どう舐めてほしいか、今はこんな強さで舐めてほしい等としっかり舐め方を教えてくれる。最初はそんな感じなのだが、何回も絶頂を迎え、歯止めがきかなくなったまきちゃんは自ら腰を振りまるでおもちゃのようにクンニをしてもらう。もっと、もっとと天井の無いかのような性欲のまきちゃんは・・・。

まき うつ伏せ足ピンオナニー

大半の女性は寝る前にアソコをモジモジと触っている。それがオナニーなのかそれともただ触っているだけなのか。今回出演のまきちゃんはクリを触っていると足がピンと伸びてしまうところからオナニー的な感じだろう。そこでいつも寝る前にやってるオナニーをいつものようにやってもらう。すると気持ちよくなっていくにつれて膝の辺りがガクガクと宙に浮き足の指はグーっと力が入っていくのがよく分かる。

まき 「ああ〜欲しくなってきちゃった〜」淫語攻め、焦らし攻めでグジョグジョにされるオマンコとアナル!艶女の素顔は淫乱M女だった!

「ちょっとドキドキしてます」と色っぽい雰囲気を醸し出しているまきちゃん。普段は夜のクラブで働いているという。その雰囲気から「安いお店にはいなさそう」と男も感じ取る。「好きにしていい?」と男が逸って乳首を弄り出すと「好きにされたい〜」なんと満点以上の答えが。「あ〜、あ〜」と乳首をコリコリと弄られ堪らず喘ぎ声を漏らし出す。「スケベじゃん〜」喘ぎ顔を見て一気に興奮した男は舌を絡ませながらデイィープキス。「もっと舌出してごらん」とさらに濃厚に絡ませ合う。キャミソールを脱がせ横たわらせると乳首をコリコリしおっぱいを揉みしだく。「舐めてるとこ全部撮っちゃうから」と視線をレンズに向けさせ乳首を激しく舐めまくる。「イヤらしいよ。腰が自然に動いちゃうんだから。」と感じ方がエロいと男はさらに興奮していく。男は脚をフェザータッチしながら「すごい色っぽい太股してるね」といいながらパンティをグイッと食い込ませる。「自分で食い込ませてみて」男はまきにパンティをグイッと食い込ませ「自分で触ったりしてごらん。いつも自分でしてるでしょ?オナニー」とオマンコを弄らせる。さらに「イヤラシいとこ見て〜」と淫語を言わせ「もっとチンポが勃起するように言って」と男が興奮するようにパンティを脱がせオマンコをパックリと広げさせる。「イヤらしいね〜」グリグリとクリトリスを弄りだし恍惚とした表情になっていくと「開いて見せてごらん」とオマンコをパックリと広げさせる。「うわ〜べちゃべちゃだ〜」とすでにビショビショのオマンコに指を這わせる。「ああ〜〜」と堪らず喘ぎ声が激しくなると男はさらに激しい指攻め。「すごいね〜」オマンコからビチョビチョとマン汁が溢れ出すと「ああ〜、ああ〜、欲しくなってきちゃった〜」とチンポを求め出すまき。「欲しくなってきた?まだ早いよ。あげないよ、お預け。」と焦らし攻めする・・・。色っぽいお姉さんが欲しいのは硬いチンポ・・・オマンコをグジョグジョにして求めるも男に焦らされ言葉攻めされる。「イヤなら抜くぞ?」「ダメ〜ダメ〜〜」と快楽を貪る美女。欲求不満のM女を焦らし攻め、言葉攻めでたっぷりと攻めあげる。素人好き、攻め好き、M女好き、ハメ撮り好きにおすすめの作品。

まき オンナ目線のオナニー

まきちゃんになったつもりでオナニー?!大好評女の子目線のオナニー作品。オナニー中のまきちゃんの視界を共有。目の前から女の子の表情と大事なところを見るのもいいけど、上からの眺めも良い感じ。体中を撫で回す様子から、指でクリトリスを擦っている姿もいつもと違う視点だともっといやらしい。さらに必死にバイブを出し入れする様は必見!グラマラスボディでお姉さんの色気漂うまきちゃんのオナニーご堪能ください。

まき 日常生活のバイブ

けっこうファンが多い日常生活シリーズ。今回はまきちゃんが極太バイブを挿入したままお料理!ウィーンウィーンとバイブのモーター音が響く中、淡々と調理スタート。リズムよく野菜を切り、サッとご飯を炒めチャーハンを完成させるまきちゃん。でも股間では大きなバイブがうねるうねる。時折気持ちよいポイントを探しズコズコとピストンする。フライパンを振りながらズコズコ、味見をしながらズコズコ。まきちゃんの手は止まらない